大阪の矯正歯科 大浦矯正歯科(大阪市北区)

大浦矯正歯科〜治療案内

エントランス

極端な出っ歯を舌側矯正で治した症例

極端な出っ歯を舌側矯正〜治療前(19才1ヵ月)治療前(19才1ヵ月)

極端な出っ歯を舌側矯正〜治療中治療中

極端な出っ歯を舌側矯正〜治療後(21才6ヵ月)治療後(21才6ヵ月)

上顎の第一小臼歯(糸切り歯のうしろの歯)を抜歯して治しました。上顎の前歯が引っ込みました。

下顎前突(受け口)を舌側矯正で治した症例

歯の裏側からの装置で下顎前突(受け口)も治療可能です。

下顎前突(受け口)を舌側矯正〜治療前(21才5ヵ月)治療前(21才5ヵ月)

下顎前突(受け口)を舌側矯正〜治療後(23才8ヵ月)治療後(23才8ヵ月)

下顎前突(受け口)を舌側矯正〜下顎下顎

下顎前突(受け口)を舌側矯正〜上御上顎

歯を抜かずに上下顎の歯列を上下にゴムをかけてもらい、ずらして治しました。前歯の噛み合わせが治りました。

八重歯(乱杭歯)の症例

八重歯(乱杭歯)の症例〜治療前(17才4ヵ月)治療前(17才4ヵ月)

八重歯(乱杭歯)の症例〜治療後(19才6ヵ月)治療後(19才6ヵ月)

上下左右の第一小臼歯を抜歯して治療しました。治療期間は約2年でした。

開咬(成人)の症例

開咬(成人)の症例〜治療前(25才4ヵ月)治療前(25才4ヵ月)

開咬(成人)の症例〜治療後(28才0ヵ月)治療後(28才0ヵ月)

外科矯正が必要と思われる"治療が非常に困難な開咬の患者さん"も本人のがんばりで、上下左右第一小臼歯抜歯した治療で治りました。治療期間は、約2年半でした。

まとめ

いずれの場合も患者さん自身の協力が不可欠です。もし協力が悪いと不完全な結果になります。

他科との連係

最近は、成人の患者さんが、矯正治療を希望して多く来院されます。さらに、年齢が高くなってきました。年齢の高い患者さんはどうしても、歯周病に罹患していたり、歯が欠損していたりまたかぶせてある歯がたくさんあったりします。

そのため、矯正歯科単独の処置では、うまくいかない場合があります。このような場合は、それぞれ専門の先生と連係をとって治療をすすめています。

歯周処置(54才2ヵ月)歯周処置(54才2ヵ月)

矯正治療(55才6ヵ月)矯正治療(55才6ヵ月)

補綴処置(56才0ヵ月)補綴処置(56才0ヵ月)

ページトップ

フリーダイヤル(大阪府下のみ)0120-61-4182

大阪市北区天神橋4丁目7-29扇町山一ビル2F